美容整形外科でのワキの黒ずみ治療方法

ワキの黒ずみで悩む人の中には、美容整形外科で治療を受けたいと考える人もいますね。美容整形外科で治療方法には数種類あります。

 

塗り薬の処方

美容整形で一般的に行われる黒ずみ治療としてハイドロキノンクリームを処方されます。これはメラニンの生成を抑制し、除去てくれるクリーム、強い漂白力を持つものです。またトレチノレンというクリームを処方されることもあります。古くなってしまった角質を除去し、腹のターンオーバーを正常化させることでワキの黒ずみを改善します。

 

 

フラッシュ光脱毛

毛穴の中にムダ毛が潜り込んでしまった埋没毛を処理するための方法で毛根に対する脱毛を促す方法です。自己流の脱毛方法で毛穴に傷をつけてしまうとこのような症状になってしまいます。フラッシュ光脱毛は光自体にも美白効果があるので、ワキの黒ずみを効果的に改善してくれます。
また、中にはレーザー照射で黒ずみの治療を行うこともありますが、これは最先端技術なので、高額な費用が掛かります。

 

 

皮膚科で美容的にワキの黒ずみを解消するには?

皮膚科で一番多いワキの黒ずみ治療方法としては、美容整形外科と同様、ハイドロキノンいやトレチノインなどクリームでの治療があります。しかし、美容整形外科との違いはその費用。おおよそ半額程度でクリームの処方をしてえもらえます。

 

また、皮膚科ではケミカルピーリングを行い、ワキの黒ずみを除去してくれます。ケミカルピーリングとは、肌の表面に蓄積してしまった過剰な皮脂や角質を剥がすために薬剤を使うもの。角質などの老廃物を剥がすことで、肌に化粧水や美容成分が浸透するのを助ける働きを持ちます。ケミカルピーリングで角質を取り除いた肌に美白や保湿効果のある化粧品をつけてあげたり、皮膚科で処方されたクリームなどをぬることで、より一層ワキの黒ずみが改善されます。

 

皮膚科と美容整形外科、ワキの黒ずみを治すのはどちらが適している?

ワキの黒ずみを改善するために、皮膚科か美容整形外科、どちらが適しているのか。皮膚科は保険が適応になるので、同じクリームなどを処方してもらうにしても、低コストで受診できるのがメリット。しかし、重度の黒ずみを改善するには美容整形外科の最新医療で治療するのがおすすめです。セルフケアの度合いを超えてしまったワキの黒ずみどちらを選ぶかは、予算や症状の具合、ひどさなどによるといえるでしょう。

わきが黒ずむ原因とは?

気温が上がって半そでやノースリーブの服を着る機会が増える季節になると、ワキが見えるといったシーンがあります。
ワキが黒ずむ原因は大きくわけて2つ挙げられます。それは、毛穴に溜まった皮脂や角質の汚れなどによっておきるものと、メラニン色素の定着によるものです。ワキの黒ずみの原因によって、アプローチ方法は変わってきます。

 

皮脂や古い角質が毛穴に詰まったままにしていると、服の摩擦や発汗による蒸れによって、毛穴の汚れが目立つようになり皮膚全体が黒ずんで見えてしまう要因になります。
またメラニン色素の定着は、間違ったお手入れ法や皮膚への刺激、除毛後のお手入れ不足などが原因とされています。そもそも、メラニン色素が定着するのは、皮膚の細胞にある「メラノサイト」という皮膚を守るために、あらかじめ備わっている防御反応を役割を果たす細胞が活動することによってできるものです。

 

ムダ毛の処理をする際、カミソリによる摩擦やピンセットなどで毛を無理に引っ張ったり、カミソリで皮膚を傷つけることは、毛穴と肌両方に大きな負担をかけているといえます。除毛作業による物理的刺激のほかにも、除毛クリームなどによる薬剤の刺激や、黒ずみを隠そうと塗ったファンデーションなどの刺激も黒ずみの悪化を招いてしまう要因の一つです。また制汗剤やパウダーを使うことによって、毛穴にパウダーが詰まって黒ずみの要因になるだけでなく、ひどい場合には皮膚の炎症などを引き起こすこともあります。このような処置をしていたワキは、毛穴がブツブツしていたり、腫れ物が出来たりと黒ずむ以外にも症状が現れます。また、ピンセットなどで毛を抜いていると、毛穴の外に出られなかった「埋没毛」を生んでしまう原因となり、見た目が悪いだけでなく肌の炎症も引き起こす元となります。

 

さらに、スキンケア用品をワキにしようすると、汗や皮脂と反応してさらなるワキへの刺激を増やす要因にもなる可能性があるため、注意が必要です。これらの肌への負担や刺激によって、肌を保護しようとメラノサイトが活発化することで、ワキが黒ずんでしまうのです。このような黒ずみは、ワキ自体が黒ずんでしまうタイプが多いです。

 

さらに意外な事に、ワキが乾燥することによって黒ずんでしまうというケースもあります。過度にワキを洗うことで、本来必要な最低限の皮脂まで取り去ってしまうので、かえって乾燥や肌荒れが進む要因となっています。


これで大丈夫!ワキのケア

除毛作業がわきへの負担になるからといって、ムダ毛処理をしないわけにはいきません。
そこで、除毛処理を行った後に、しっかりとケアをすることで黒ずみを防ぎ、きれいなわきを保つことができます。わきをキレイに保つ方法は、汗をこまめに拭いて、摩擦を増やさないことです。そして雑菌の繁殖も防ぐので炎症も防ぐことができます。
しかし、汗を拭きすぎてしまうと拭う際の物理的刺激だけでなく、必要以上に皮脂もとってしまうので、肌が乾燥しがちになるため保湿が必要となります。

 

そこで有効なのが、化粧水・美容液・乳液などが一つになったオールインワンクリームやゲルを使うことです。これらを使うことによって、適度な水分の補給と、水分を閉じ込めておくフタの役割を果たす成分が入っているので大変便利なアイテムです。なお、ワキ専用のクリームにも色々な種類があります。
ジェルタイプのものは、液体よりも肌にとどまるので塗りやすく、クリームのようにこってりとしていないので、肌に塗ってもサラっとした感触が特徴のものが多いです。その他、黒ずみ解消以外にも抗炎症作用の高いものや、美白にも効果のある成分のはいったクリームなど色々あります。効果が現れるまでの期間が製品によって違うものも多く、塗ってから数日で効果を期待できるものから、継続して使っていくことで肌をケアしつつ黒ずみを解消するものなど、自分にあったものを探すことができます。
小さなことではありますが、こまめに汗を拭き、保湿に心がけるだけで、わきを清潔に保ち、肌の炎症を防ぐことができるので毎日の積み重ねが大切です。

 

さらに体の外だけでなく、内側からのアプローチも有効です。特に、メラニン色素の沈着による黒ずみは、食生活や生活習慣が大きく関わっていることがあります。不摂生が続くと、お肌のターンオーバーが乱れて肌荒れの原因となります。特にターンオーバーの乱れによる色素沈着は、肌が十分に育っていない状態なのに表皮となるため、未熟な細胞は汗や摩擦などの刺激に大変弱いためすぐに黒ずんでしまいます。特に夏は、紫外線による刺激で体内のビタミン群が足らず、肌の再生力が衰えがちになります。したがって、ビタミンCやビタミンB群、ビタミンAなどの多く含んだ食材やサプリメントなどで補うことも有効な方法です。

 

なお、脱毛サロンによるレーザー照射によって脱毛と黒ずみの改善を両方行う方法もあります。レーザーは、脱毛以外にも肌本来の活動を正常化し、肌のキメを整える効果もあるので、黒ずんだ肌をキレイにな肌に生まれ変わらせる方法として有効です。


これで安心!ピューレパールの実力

ワキの黒ずみケアで評判のいいアイテムのひとつは「ピューレパール」です。
このクリームは、自宅でできる簡単ケアとして評判で、使い方も簡単です。使い方という使い方がないといわれるほど簡単ですが、塗るタイミングだけ守れば大丈夫です。
まず朝晩の着替える際に、キレイに洗った手で、ピューレパールを直接ワキに塗るだけです。手を清潔にしておくことは、雑菌の繁殖を防いで肌の炎症を防ぐために大切なことです。量も片方のワキに対して10円玉ほどで十分です。適量手に取ったら、優しくなでるようにし、皮膚を刺激しないようにします。

 

ピューレパールはジェルタイプなので、伸びが大変よく乾燥肌の人でも塗りやすいことが特徴です。また塗ったあともサラっとしているので、汗をかくシーズンに塗っても不快感はありません。
ここで注意が必要ですが、汗を大量にかくような運動やプールに入るという場合には、塗りなおすことをして、なるべく肌に定着しているようにしましょう。

 

ピューレパールは、即効性のあるものではなく、毎日継続的に使い続けることで効果を発揮する商品です。したがって、塗ったり塗らなかったりということを続けていては効果が現れにくくなってしまいます。最低でも1ヶ月は使い続けることが大切です。
ピューレパールを塗ると、サラっとしているのに肌はしっとりとしています。汗をかいたときのような蒸れやベトベト感ではなく、潤いを感じられます。この製品には、美白効果に優れたプラセンタを使っているので肌への栄養を行き渡らせ肌を生き返らせます。さらに天然のビタミン群やビタミンC、米ぬかエキスなど美白成分や美肌成分もふんだんに使っているので、肌本来のもつ力を回復させるといった成分も配合されています。そのため、肌に透明感が増す効果も期待できます。これらの成分は、すべてナノ化を施しているため、角質の奥まで成分が届き効率よく栄養を補給してくれます。さらに高分子のヒアルロン酸の効果でターンオーバーの正常化を促します。
美肌効果のほかにも、雑菌の繁殖による炎症予防やニオイの原因をブロックすることでより清潔な肌を手に入れることにも効果があります。その成分も天然植物由来の成分で低刺激なので安心して使うことができます。

 

ピューレパールは、美容に香料や着色料など必要なものが含まれて居ないので、敏感肌の人や化粧品アレルギーの人でも安心して使うことができます。
なおパッケージも持ち運びが便利なコンパクトサイズで、旅行先や外出先でも荷物の邪魔にならないところも使い勝手がいい特徴のひとつです。